東横堀川エディブルパーク

Place:

庭づくりを通して持続可能な未来社会を実践するプロジェクト

万博後の未来を考える若者たちが、食べられる植物を育て収穫を楽しむ庭づくりを通して、持続可能な未来社会を実践するプロジェクト。これまでは、社会実験の一環として2023年春からプランターを設置し、地域住民等とともに野菜、ハーブなどの食べられる植物を栽培してきました。
今後は、コミュニティ・交流の輪の拡大、万博を契機とした公園の利用規制の緩和を目指します。

主催After2025デザイン若手ネットワーク
住所大阪府大阪市中央区本町橋4-8
参考サイトhttps://www.instagram.com/ediblepark_osaka/
参加団体万博後の未来を考える若者、地域住民、近隣オフィスのサラリーマン

Shere

プロジェクト一覧